初宮・お宮参り

赤ちゃんが誕生すると、神様への誕生の感謝と共に、今後ますます健やかな成長を祈って神社へ参拝します。これを「初宮詣」や「お宮参り」と言います。

このお宮参りの日どりは一般的に、男児は生後三十一日目、女児は三十三日目にお参りをしお祓いをうけ祝詞を奏上致します。(生後30日前後で都合の良い日を選んで頂ければよいと思います)

父方の祖母が赤ちゃんを抱くのがお宮参りの一般的なスタイルですが、これはお産がけがれたものとする考え方からきたものです。つまりこのお参りを忌明けとしてけがれを祓うという側面も持ち合わせています。

お問い合わせや御予約は御館山稲荷神社社務所へ御連絡下さい。(電話 0957-26-1230)