安産祈願

母親のお腹の中におさない「いのち」が宿った時、人の力を超えた神様のおかげと考え感謝の心を忘れませんでした。

古来、懐妊の日から五ヶ月目の戌の日を選び腹帯(岩田帯)をしめる習慣があります。

十二支の戌は犬であり、犬が安産で多産であることにあやかってこの日が選ばれました。
これを「着帯のお祝い」と言い、この日は腹帯を持参し両親はもとより家族一同揃ってお参りをして、懐妊の奉告を行い胎児のすこやかな発育を願って安産を祈願します。

安産祈願特別授与品

神様と母と胎児を結ぶくみひもの安産御守りを、ご祈願を受けられた方のみに、限定で授与致しております。
幸せを包み込むという意味がある小田巻玉に、神様のお御霊と安産の願いが込められています。

安産御神札         安産くみひも御守り         安産御守り

習慣として五ヶ月目の戌の日となっておりますが、
何よりも体調を優先させてお参りの日をお決め下さい。

よく御質問を受けますが、当社では腹帯の授与は致しておりません。
腹帯やベルト等は様々なタイプがございますので、自分の体や用途にあったものを慎重に選びお使い頂く事がなにより大切だからです。

腹帯、腹巻き、マタニティインナー、トコちゃんベルト等をお使いになられる方はご持参頂ければお祓い致します。

お問い合わせや御予約は御館山稲荷神社社務所へ御連絡下さい。(電話 0957-26-1230)

平成31年(2019年)安産祈願 戌の日