Jun 16, 2019

夏詣(なつもうで)の御礼

夏詣期間:7月1日(月)~7月7日(日) (限定御朱印のみ7月31日まで)

-御礼-
初めての参画となった夏詣も無事に終えることができました。

至らぬ点もあったかとは存じますが、多くの皆様にご参拝賜り感無量でございます。

来年も引き続き、皆様とともに夏詣という新しい風習作りを育んで参りたいと思いますので宜しくお願い致します。

ありがとうございました!

(限定御朱印に関しては7/31までとなります)

夏詣とは・・

日本では、大晦日の「年越しの大祓」にて一年の罪穢れを祓い清め、除夜の鐘と共に迎える翌日の元日には、新しい年の始まりとしてその年の平穏を願い神社に詣でる「初詣」が行われます。

その半年後、季節は本格的な“夏”を迎えます。

この夏を迎えるこの時期に、同じく半年間の罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、過ぎし半年の無事に感謝し、来る半年の更なる平穏を祈るべく、一年半ばの節目として、7月1日以降も神社に詣でます。

この新たな習慣を「夏詣」と称して、守り伝えるべき新しい風習づくりとして、東京の浅草を起点とし全国の社寺へ広がりをみせています。

当神社が、県内では初の参画となり、この新たな習慣を皆様と共に育んで参りたいと思います。

夏詣期間:7月1日(月)~7月7日(日)
(限定御朱印のみ7月31日まで)

夏詣期間中は、6日(土)と7日(日)をメインに様々な企画が開催されます。

①神社に伝わる秘宝、福聚坊水神像の初公開と水神祭
②みたちやまリバリュープロジェクト第2弾、カフェ「みた茶やまTEA STAND」
③体験型リバリュープロジェクト、京くみひもワークショップ
④暮らしを楽しむ雑貨展
⑤七夕祭と短冊の飾り付け
⑥夏詣+福聚坊水神限定御朱印

アクセスについて・・

当社は山道入口がわかりにくく、車のナビを設定すると麓の社務所に案内されますので、御注意下さい。
■スマートフォンのgoogle mapアプリであれば、御館山稲荷神社で設定頂ければ大丈夫です。
■車のナビをお使いの場合は、諫早市永昌町42-24を設定頂ければ山道入口に着きますので、そのまま山道をお進み下さい

関連記事