Feb 2, 2019

新作くみひもお守り(三重巻きブレスレット)頒布のご案内

三重巻きのくみひもブレスレットお守りを奉製いたしましたので、ご案内せさせて頂きます。

極細の江戸打ち紐を使用し、ツートンカラーで仕上げました。
手首以外にも、足首や首にも着けて頂けます。

くみひも守りとは

『土地の氏神さまのことをな、 古い言葉で産霊(ムスビ・ムスヒ)って呼ぶんやさ。

この言葉には、いくつもの深い深い意味がある。 糸を繋げることも、人を繋げることも、 時間の流れも‐ムスビ‐、ぜんぶ同じ言葉を使う。

それは神様の呼び名であり、神様の力や。 ワシらの作る組紐も、神様の技、 時間の流れそのものを顕しとる。

寄り集まって形を作り、捻れて絡まって、 時には戻って、途切れ、またつながり。 それが組紐。それが時間。それがムスビ。』    
(映画 君の名は。一葉おばあちゃんのセリフより)

神様と人と時間をむすぶ、くみひもの御守り。

幸せを包み込むという意味がある小田巻玉に、 神様のお御霊が込められています。

国内でも有数の組紐メーカーである京都府宇治市の 「昇苑くみひも」とのコラボレーションにより くみひも守りを奉製いたしました。

初穂料 1800円 色:朱色×黒・紺×白・茶×赤

関連記事